当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
黄茶 中国茶 産地 黄茶 茶葉 霍山黄芽 中国銘茶紹介

【黄茶】霍山黄芽の特徴、産地、歴史・逸話

黄茶
この記事は約2分で読めます。

代表的な黄茶の一つである霍山黄芽について、特徴や産地、歴史・逸話などをまとめています。

霍山黄芽の特徴

  • 霍山黄芽( かくざこうが / huo4 shan1 huang2 ya2 )
霍山黄芽 茶葉

唐代には皇帝への献上茶になっていたという1000年以上の長い歴史を持つお茶。別名「芽茶」とも呼ばれる。

形状「霍の舌」と形容される細く繊細で黄緑色の茶葉
水色透明感のある黄緑色
香り爽やかで栗に似たようなほのかな甘みもある
味わい清らかでコクがあり、後味はほんのり甘みを感じる

霍山黄芽の産地

  • 安徽省霍山県大化坪鎮金鶏山、太陽郷金竹坪、金剛台

霍山黄芽の産地は歴史が古く、唐代から製茶が行われていたという。季節風の影響が大きく四季の差ははっきりしているが年間を通じての気温差は穏やか。霍山県は山地が多く、土壌も肥沃で水源も豊富、茶葉の生育に適した土地である。

海抜800m以上
年間平均気温14~16℃
年間平均降雨量 1200~1300mm
土壌褐色、柔軟地質、pH6.5

霍山黄芽の歴史・逸話

  • 唐朝以前から作られていたお茶で、唐代には皇帝への14の献上品の一つに数えられていたという歴史があり、唐の李肇の書いた『唐国史補』にも「寿州(安徽省)に霍山の黄芽あり」との記載がある。ただし、当時の製法は現在と違い緑茶に近いもので、茶葉も固形状の餅茶だったと考えられる。
  • 明代(もしくは清代)には黄茶としての製法で生産され始めたとされているが、一時期途絶え、1971~72年に復活をした。
  • 清の同治年間に著された『六安州志』によると、明・清代に霍山茶は全州の四分の三を占める主要なお茶であったという。
  • 高温多湿の場所に茶葉を広げて放置する「攤放(たんほう)」という工程を数度繰り返す。これが霍山黄芽の味や香りを決める独自の製造工程。
  • 霍山は別名、潜山、天柱山とも呼ばれている。
この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました