当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
緑茶中国茶緑茶産地茶葉中国十大銘茶中国銘茶紹介六安瓜片

【中国緑茶】六安瓜片の特徴、産地、歴史・逸話

緑茶
この記事は約2分で読めます。

代表的な中国緑茶の一つである六安瓜片について、特徴や産地、歴史・逸話などをまとめています。

六安瓜片の特徴

  • 六安瓜片(ろくあんかへん / Liu an gua pian)
六安瓜片(ろくあんかへん / Liu an gua pian) 緑茶 中国茶 中国緑茶

伝統的な中国十代銘茶の一つで、西湖龍井碧螺春と並ぶ代表的な緑茶。

中国緑茶は、柔らかい芽を多く使っているものほど高品質なお茶であると評価されるのが一般的だが、この六安瓜片は芽を使わず葉の部分のみを摘み取り製造される。

葉の形が瓜の種に似ているため「瓜片」と呼ばれる。別名、片茶とも。烘青緑茶。

形状葉は深い緑色で内側に丸まっている
水色明るい緑色
香り清らかで透明感のある香り
味わいフレッシュで旨みがある

六安瓜片の産地

  • 安徽省六安市大別山一帯

六安瓜片は六安、金寨、霍山の三県にまたがる山陵地区で生産され、大きく内山と外山の二つの産地に分けられる。特に金寨県斎雲山鮮花嶺蝙蝠洞のものが最上とされ「斉山名片」と呼ばれる。

海抜100~300m前後
年間平均気温約15℃
年間平均降雨量1200~1400mm前後
土壌褐色、黄色土

六安瓜片の歴史・逸話

  • 唐代から続く銘茶。唐代では「廬州六安茶」と呼ばれていたが、明代の初期に献上茶となってから「六安瓜片」の名で広く知れ渡るようになった。
  • 明代に許次紓が著した『茶疏』の「産茶」の項目で六安瓜片に関する記述がある。

大江以北,則稱六安,然六安乃其郡名,其實產霍山縣之大蜀山也。

茶疏ー維基文庫
  • 同じく明代、聞龍が著した『茶箋』の中で「六安の茶葉を薬に入れるのが最もよい」と書かれているらしい。 (私にはどの部分かよく分からず)
この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました