当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
中医薬膳参考文献薬膳東洋医学中医学

【中医薬膳】参考文献リスト

中医薬膳
この記事は約6分で読めます。

参考文献のまとめです。新たに読んだ本が増えたら随時更新していきます。

プロが教える東洋医学のすべてがわかる本

概要

目次

  • 巻頭特集:東洋医学最前線
  • 第1章:12のキーワードから知る東洋医学の基礎知識
  • 第2章:病気の原因と身体のとらえ方
  • 第3章:診断から治療まで
  • 第4章:経絡と鍼灸治療
  • 第5章:漢方薬と薬膳
  • 第6章:実践編!自分でやってみる不調改善

感想

なんだかんだで分からないことがあったらまず最初に開く本。

オールカラーで図やイラストが多いので読みやすい。東洋医学特有の分かりにくい単語を使いながら解説してくれているのが助かる。

第6章の症状別実践編も、例えば同じ「冷え性」という症状に対しても脾腎陽虚、血虚、気滞血瘀の3種類の体質それぞれの対処法が記載されている。チェックリストで自分の症状がどの体質に当てはまるのかを判断できるので実践しやすい。

図解 いちばんわかる! 東洋医学のきほん帳

概要

  • 図解 いちばんわかる! 東洋医学のきほん帳
  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 学研パブリッシング (2014/11/25)
  • 内容(「BOOK」データベースより):理論から病気の治療と予防まで全解説。東洋医学の基本知識がよくわかる。漢方医学の診療・漢方薬を最新解説。鍼灸・指圧の身体への作用と効能。

目次

  • 第1章:東洋医学の基礎理論
  • 第2章:漢方医学の診察と診断
  • 第3章:漢方薬の基本
  • 第4章:鍼灸の診察と治療
  • 第5章:病気になる前に養生を
  • 第6章:東洋医学と西洋医学
  • 第7章:症状別にみる原因と対処

感想

図による解説が多くデザインも女性向けの優しい印象ですっきりまとまっていて読みやすい。東洋医学の全体像について理解が深まる。

特に鍼灸やツボの解説が充実していて、付録に全身奇穴マップと経筋ストレッチ法のポスターがついている。

巻末の医療用漢方製剤一覧は漢方薬の掲載数が多い。構成生薬と効能・適応症も併せて記載があり分かりやすい。

毎日使える薬膳&漢方の食材事典

概要

  • 毎日使える薬膳&漢方の食材事典
  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: ナツメ社 (2013/11/18)
  • 内容(「BOOK」データベースより):体質や季節に合わせて、身近な食材を組み合わせ、自分で自分の体を癒す!効果的な食べ合わせ例400。身近な食材227種+生薬50種。四季のおすすめレシピや、「冷え」「むくみ」などの悩み別レシピも満載!

目次

  • 第1章:薬膳の基本
  • 第2章:身近な食材事典
  • 第3章:代表的な生薬
  • コラム1:季節のレシピ
  • コラム2:お悩み別レシピ

感想

食材毎の薬効などを写真付きで解説した事典。身近な食材227種と生薬50種の効能と食べ合わせが分かる。食材の選び方や旬の時期や栄養素についても言及されていて情報量が多い印象。

薬膳の概論も分かりやすく、自分の体質チェックもあるのでるので食材の選び方が理解できる。

巻末に体質別、効能別のインデックスがあるので使いやすい。

自分にぴったりの薬が見つかる! 漢方薬キャラクター図鑑

概要

  • 自分にぴったりの薬が見つかる! 漢方薬キャラクター図鑑
  • 単行本: 79ページ
  • 出版社: 日本図書センター (2016/3/18)
  • 内容(「BOOK」データベースより):自分の薬がわかる!選べる!52のキホン漢方薬をまとめてキャラクター化!かぜ・頭痛・便秘・冷え性・ストレス…薬選びがスッキリわかるんじゃ!

目次

  • かぜやインフルエンザに効く漢方薬
  • 胃や腸のはたらきを助ける漢方薬
  • 痛みをやわらげる漢方薬
  • デリケートな悩みに役立つ漢方薬

感想

代表的な漢方薬52種類をキャラクター化して解説する本。イラストも多く、全ての漢字にルビがふってあり、完全に子供向けの本。説明も非常に分かりやすい。

この本を読むことで、いまいちわかりにくい漢方薬に個性をつけることで印象深くなり、覚えやすくなった。

オトナ女子の 薬膳的セルフケア大全

概要

  • オトナ女子の 薬膳的セルフケア大全
  • 単行本: 264ページ
  • 出版社: ソーテック社; A5変形版 (2018/11/3)
  • 内容(「BOOK」データベースより):「薬に頼らない」で不調がよくなる。「身のまわりの食材」が「薬膳」に変わる。体と心を健康にすれば、あなたの治癒力はアップする!
  • 内容見本の画像あり⇒

目次

  • 入門編:健康って何だろう?
  • 基礎編:あなたの体質と生活リズムをチェック
  • 応用編:症状別対策&セルフケア
  • 付録1:タイプ別おすすめレシピ集
  • 付録2:五行属性表

感想

本の形とか色使いとか全体的にかわいい。中身は単色カラーで文字が主体。応用編の症状別対策&セルフケアページが充実していて、すべての症状に対して体質毎の対策が書いてあるため、自分の体質さえ分かっていればとても役に立つと思う。

ひと目でわかるホントによく効くリンパとツボ

概要

  • ひと目でわかるホントによく効くリンパとツボ
  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: 日本文芸社 (2011/12/1)
  • 内容(「BOOK」データベースより):「リンパマッサージ」と「ツボ押し」は手軽にできるハンドケアです。リンパとツボの位置をわかりやすく示したこの本で、きちんと押して、しっかりマッサージ!効果が実感できます。

目次

  • 1.おさえておきたい!リンパ&ツボの効果
  • 2.基本のテクニック
  • 3.疲れ・不調をすっきり!
  • 4.痛みをやわらげる
  • 5.心を整える
  • 6.女性の悩みを解決!
  • 7.美容とダイエットに効く

感想

新書サイズでフルカラー。写真に骨のイラストを重ねているためツボの位置がつかみやすい。ツボ毎に具体的な押し方も紹介しているので、自分で試してみたときに効果を感じやすい。

ツボ単―経穴取穴法・経穴名由来解説・腧穴単語集

概要

目次

  • 1.手の太陰肺経
  • 2.手の陽明大腸経
  • 3.足の陽明胃経
  • 4.足の太陰脾経
  • 5.手の少陰心経
  • 6.手の太陽小腸経
  • 7.足の太陽膀胱経
  • 8.足の少陰腎経
  • 9.手の厥陰心包経
  • 10.手の少陽三焦経
  • 11.足の少陽胆経
  • 12.足の厥陰肝経
  • 13.督脈
  • 14.任脈

感想

ツボの位置を知りたくて買ったけど、かなり専門色が強くて難しい印象。筋肉の名称とかで説明されても素人にはイマイチよく分からない・・・。その分、ツボの位置を示す画像は大きくて非常に分かりやすいので、文字を読む必要は特にない。と思う。素人は。

この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました