当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
重要な8つの証経穴血虚薬膳経絡ツボ東洋医学中医学

血虚の症状とその対処法

血虚 中医学 薬膳重要な8つの証
この記事は約3分で読めます。

血虚の症状と血虚に効く対処法(漢方薬、食べ物、経穴)のまとめです。

血虚とは

血虚(けっきょ)とは、血の不足や血の機能の衰えによって生じる病態のこと。顔色が悪い、肌の乾燥、白髪、といった肌や髪のトラブル、不眠などの症状がある。血虚が悪化すると体が冷えを感じるようになってしまいます。

血虚の主な症状

  • 色が淡白(顔色、唇、爪甲、皮膚、球結膜)
  • やせている
  • 筋肉がつる
  • 経連
  • 四肢のしびれ
  • 不眠
  • めまい
  • 目のかすみ、乾き
  • 月経量の減少
  • 月経後期(周期が遅れる)
  • 閉経
  • 経色淡(経血の色がうすい)
  • 舌質淡
  • 脈細、無力

など

血虚の主な原因

  • 脾と胃の不調による消化吸収の変調
  • 小食、偏食などによる栄養不足
  • 肝の障害により血を貯蔵できない
  • 失血(月経の出血過多、不正出血など)の量が多い

など

血虚に効く対処法

血虚の人は、気虚の体質も同時に持ち合わせている場合が多いため、脾胃をいたわるような消化しやすい食事を中心に、よく噛んでから食べることを心がけるとよい。ダイエットなどによる小食、偏食も血虚の症状を悪化させてしまう。夜は早めに睡眠をとる。また、目を使いすぎると「血」を消耗してしまうため、目の使い過ぎには注意が必要。

血虚を治す漢方薬の例

補血剤として、当帰、芍薬、川芎(せんきゅう)、艾葉(がいよう)、地黄、阿膠(あきょう)などの生薬を用いる。

  • 四物湯(しもつとう)
  • 十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

など

血虚を治す食べ物の例

  • 血を補う食材(補血、養血)を中心に
  • 五性: 
  • 五味:  

冷たいもの、生もの、油っぽいもの、甘いもの、辛くて刺激が強いものは控えるように。

穀物

  • 黒豆     
  • 大豆  大腸  
  • 豆乳  大腸  

など

野菜

  • ほうれん草    
  • れんこん     
  • しいたけ    

など

ナッツ類

  • 棗(なつめ)    
  • 落花生    
  • 黒ごま      

など

肉類

  • 牛肉    
  • 豚肉     
  • 鶏肉    
  • 羊肉    
  • 烏骨鶏     
  • 鶏レバー      
  • 羊の骨    
  • たまご       

など

魚介類

  • 牡蠣     
  • ナマコ   乾物は
  • イカ    

など

くだもの

  • 桑の実     
  • ぶどう     
  • ライチ    

など

生薬

  • クコの実     

など

その他

  • ローヤルゼリー     

など

血虚を治す経穴の例

血虚 ツボ 経絡 経穴
血虚 ツボ 経絡 経穴

など

この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました