当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
中医薬膳経穴薬膳二十四節気養生

秋の不調を乗り切る食材とツボ

中医薬膳
この記事は約3分で読めます。

秋は暑さも落ち着き一年の中でも過ごしやすい季節。ただし、気温差や乾燥によって体調を崩しやすい時期でもあります。

秋を健康的に過ごすためには、とにかく保湿!身体を潤す食材を積極的に取り入れることがポイントです。

このページでは、秋の時期に起こりがちな身体の不調とその対応策を、中医学や薬膳の観点からまとめています。

秋という季節の特徴

  • 陽気が弱まり陰気が強くなる

秋を二十四節気に分けると、立秋処暑白露秋分、寒露、霜降までの6つの節気があります。陽気が次第に弱まり陰気が強くなってくる「陽消陰長」の時期です。

  • 涼しくなり空気が乾燥しはじめる時期

五行説では、秋は「金」に属します。気候は涼しくなって過ごしやすくなりますが、日中の寒暖差で体調を崩したり、空気の乾燥による咳などの不調が出てくることもあります。

秋にいたわりたい臓腑

肺!

肺の働きは主に3つあります。

  • 呼吸作用:きれいな空気(清気)を吸って汚れた空気(濁気)を吐き出す
  • 宣発作用:気や津液を全身にいきわたらせる
  • 粛降作用:気や津液を上から下へ降ろす
用語解説
  • 宣発(せんぱつ):上や外の方向へ拡散する
  • 粛降(しゅくこう):下方向へ降ろす
  • 衛気(えき):気の一種で防衛機能を持つ

宣発作用と粛降作用は二つで一つ。互いに関連しあっており、一方が異常を起こすともう一方も不調をきたします。

肺は呼吸をすることで外気を体内に取り込みます。そのため冷気や乾燥など体外環境の影響を受けやすい臓器です。

秋に起こりやすい症状

秋は五行において「金」に属します。収穫の季節で実り多い秋は、暑さが落ち着いて過ごしやすくなる時期。食欲が増す行楽シーズンでもありますが、燥邪(そうじゃ)によって肺がダメージを受けやすくなります。

用語解説
  • 燥邪(そうじゃ):乾燥の強い邪気で、口や鼻、皮膚の乾燥を引き起こす。秋から冬に注意が必要。

肺機能が低下すると、さまざまな不調が出てきます。

  • 気道粘膜の乾燥⇒空咳や喘息など呼吸器系の不調
  • 肺と関連のある鼻や皮膚、大腸への影響⇒鼻づまり、肌の乾燥、便秘
  • 津液の巡りが滞る⇒痰、むくみ
  • 衛気の不足⇒防衛機能が低下し風邪をひきやすくなる

代表的な症状は以下の通りです。

  • ぜんそく
  • 鼻づまり
  • 肌の乾燥、かゆみ
  • 風邪
  • 便秘
  • むくみ

これらの不調を防ぐためには肺を潤し乾燥のダメージから守る養生をすることが大切です。

秋を元気に乗り切るために

秋は空気の乾燥によって津液が不足しがちになるので、体内の陰気を養い肺を潤す食材を摂取するのがポイント。

また、秋は厳しい冬を迎えるための準備をする期間ともいえます。夏の暑さで消耗した体力を取り戻し、免疫力を高めることが大切です。

秋の養生に役立つ食材

■滋陰潤燥:陰液を滋養し、乾燥を防ぐ
豆腐、牛乳、きゅうり、れんこんなど

■滋陰温肺:津液を補い、肺を温める
生姜、ネギ、黒ゴマ、もち米、はちみつ、くるみなど

■滋陰潤肺:陰液を滋養し、肺を潤す
山芋、鶏卵、豚肉、貝類、カニなど

■益胃生津:胃を補益し、津液を生じさせる
米、じゃがいも、キャベツ、椎茸、鶏肉、牛肉など

とにかく潤いが大事!

オススメのツボ

  • 肺兪:呼吸器疾患、乾燥を改善
  • 扶突(ふとつ):のどの痛みを緩和
  • 天突(てんとつ):のどのイガイガ
  • 三陰交:陰液不足の便秘
  • 陰陵泉:水分代謝アップで乾燥を改善
  • 肩髃(けんぐう):皮膚のかゆみを和らげる
  • 大巨(だいこ):腸の機能を高め便通を改善
この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました