2020/8/14更新 安吉白茶を飲んでみた感想
スポンサーリンク
経絡・経穴 気虚 経穴 血虚 陽虚 熱痰・湿熱 陰虚 瘀血 気滞 水滞 経絡 東洋医学 中医学

【足の太陽膀胱経】経穴の効能と場所一覧

経絡・経穴
この記事は約16分で読めます。

足の太陽膀胱経の経穴一覧です。ひとまず8つの証に効果のある経穴について、効能と場所をまとめてみました。

※内容は順次追記していきます。

  1. 足の太陽膀胱経とは
  2. BL1 睛明(せいめい)
  3. BL2 攢竹(さんちく)
  4. BL3 眉衝(びしょう)
  5. BL4 曲差(きょくさ)
  6. BL5 五処(ごしょ)
  7. BL6 承光(しょうこう)
  8. BL7 通天(つうてん)
  9. BL8 絡却(らっきゃく)
  10. BL9 玉枕(ぎょくちん)
  11. BL10 天柱(てんちゅう)
  12. BL11 大杼(たいじょ)
  13. BL12 風門(ふうもん)
  14. BL13 肺兪(はいゆ)
  15. BL14 厥陰兪(けついんゆ)
  16. BL15 心兪(しんゆ)
  17. BL16 督兪(とくゆ)
  18. BL17 膈兪(かくゆ)
  19. BL18 肝兪(かんゆ)
  20. BL19 胆兪(たんゆ)
  21. BL20 脾兪(ひゆ)
  22. BL21 胃兪(いゆ)
  23. BL22 三焦兪(さんしょうゆ)
  24. BL23 腎兪(じんゆ)
  25. BL24 気海兪(きかいゆ)
  26. BL25 大腸兪(だいちょうゆ)
  27. BL26 関元兪(かんげんゆ)
  28. BL27 小腸兪(しょうちょうゆ)
  29. BL28 膀胱兪(ぼうこうゆ)
  30. BL29 中膂兪(ちゅうりょゆ)
  31. BL30 白環兪(はっかんゆ)
  32. BL31 上髎(じょうりょう)
  33. BL32 次髎(じりょう)
  34. BL33 中髎(ちゅうりょう)
  35. BL34 下髎(げりょう)
  36. BL35 会陽(えよう)
  37. BL36 承扶(しょうふ)
  38. BL37 殷門(いんもん)
  39. BL38 浮郄(ふげき)
  40. BL39 委陽(いよう)
  41. BL40 委中(いちゅう)
  42. BL41 附分(ふぶん)
  43. BL42 魄戸(はくこ)
  44. BL43 膏肓(こうこう)
  45. BL44 神堂(しんどう)
  46. BL45 譩譆(いき)
  47. BL46 膈関(かくかん)
  48. BL47 魂門(こんもん)
  49. BL48 陽綱(ようこう)
  50. BL49 意舎(いしゃ)
  51. BL50 胃倉(いそう)
  52. BL51 肓門(こうもん)
  53. BL52 志室(ししつ)
  54. BL53 胞肓(ほうこう)
  55. BL54 秩辺(ちっぺん)
  56. BL55 合陽(ごうよう)
  57. BL56 承筋(しょうきん)
  58. BL57 承山(しょうざん)
  59. BL58 飛揚(ひよう)
  60. BL59 跗陽(ふよう)
  61. BL60 崑崙(こんろん)
  62. BL61 僕参(ぼくしん)
  63. BL62 申脈(しんみゃく)
  64. BL63 金門(きんもん)
  65. BL64 京骨(けいこつ)
  66. BL65 束骨(そっこつ)
  67. BL66 足通谷(あしのつうこく)
  68. BL67 至陰(しいん)

足の太陽膀胱経とは

太陽の足陽経で、膀胱とのつながりが深い。67の経穴を持ち、腰痛や排尿の異常など、膀胱に関わる症状の治療に有効。

足の太陽膀胱経、英語名はBladder Meridianといい、略してBLと表記する。

BL1 睛明(せいめい)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:涙孔(るいこう)
  • 穴性:明目、去風
穴性解説
  • 明目(めいもく):視力を高める(眼の疾患を治療する)こと
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと

BL2 攢竹(さんちく)

攅竹は足の太陽膀胱経に属する2番目の経穴。攅竹の「攅」は「集まる」という意味、竹は眉毛の形を竹の葉に例えたもの。眉毛の間にある、気が集まる場所。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:員在(いんざい)、始光(しこう)、夜光(やこう)、明光(めいこう)、員柱(いんちゅう)

攅竹の効能

眼精疲労や頭痛の緩和に効果的。風邪による鼻づまりにも有効。

  • 穴性:去風、泄熱、明目
穴性解説
  • 去風:風邪を除去すること
  • 泄熱:熱を体外に排出すること
  • 明目:視力を高める(眼の疾患を治療する)こと

攅竹の場所

眉毛の生え際の陥没部分。親指で内側に押し込むようにぐーっと押す。

攅竹 ツボ 経絡 経穴

BL3 眉衝(びしょう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:通竅、醒神、去風
穴性解説
  • 通竅(つうきょう):意識をはっきりさせること。開竅ともいう
  • 醒神(せいしん):意識をはっきりさせること
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと

BL4 曲差(きょくさ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:鼻衝(びしょう)
  • 穴性:明目、去風
穴性解説
  • 明目(めいもく):視力を高める(眼の疾患を治療する)こと
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと

BL5 五処(ごしょ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:去風、通竅、清神
穴性解説
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと
  • 通竅(つうきょう):意識をはっきりさせること。開竅ともいう
  • 清神(せいしん):意識をすっきりさせること

BL6 承光(しょうこう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:去風、明目、清神
穴性解説
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと
  • 明目(めいもく):視力を高める(眼の疾患を治療する)こと
  • 清神(せいしん):意識をすっきりさせること

BL7 通天(つうてん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:天臼(てんきゅう)
  • 穴性:去風、通竅、清神
穴性解説
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと
  • 通竅(つうきょう):意識をはっきりさせること。開竅ともいう
  • 清神(せいしん):意識をすっきりさせること

BL8 絡却(らっきゃく)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:強陽(きょうよう)、脳蓋(のうがい)
  • 穴性:去風、清頭目
穴性解説
  • 去風(きょふう):風邪を取り除くこと
  • 清頭目(せいとうもく):頭と目をすっきりさせること

BL9 玉枕(ぎょくちん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:清頭目、開鼻竅
穴性解説
  • 清頭目(せいとうもく):頭と目をすっきりさせること

BL10 天柱(てんちゅう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:疏風開表、清熱、清頭目
穴性解説
  • 清頭目(せいとうもく):頭と目をすっきりさせること

BL11 大杼(たいじょ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:八会穴の骨会
  • 穴性:清熱散風、降逆舒筋
穴性解説
  • 清熱(せいねつ):体内の熱を冷ますこと

BL12 風門(ふうもん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:風門熱府(ふうもんねっぷ)、熱府(ねっぷ)
  • 穴性:去風、清熱、平喘
穴性解説
  • 清熱(せいねつ):体内の熱を冷ますこと
  • 平喘(へいぜん):喘息など呼吸器系の症状を改善すること

BL13 肺兪(はいゆ)

肺兪は足の太陽膀胱経に属する13番目の経穴。肺の背部兪穴、肺経の主治穴の意味。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:肺の背部兪穴

肺兪の効能

風邪や喘息などによる咳の症状を和らげる。肺兪のツボを押すだけでなく、カイロなどで温めるのもよい。肌の乾燥にも効く。

  • 穴性:宣肺、平喘、利気
穴性解説
  • 宣肺(せんぱい):宣白ともいう。肺気を宣痛する治療法。
  • 平喘(へいぜん):呼吸困難や喘息を改善すること。
  • 利気(りき):気の流れをよくすること。

肺兪の場所

背中の、肩甲骨の真ん中あたりの高さ。下を向くと出る首の付け根の骨から骨の出っ張りを3つ下がり、背骨の中心から1.5寸(指2本分)外側(背骨と肩甲骨の中間あたり)。左右2点ある。

肺兪 ツボ 経絡 経穴

背中の兪穴はテニスボール等の上に寝っ転がるとまんべんなく刺激できる。

BL14 厥陰兪(けついんゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:心包の背部兪穴
  • 穴性:寧心、安神、寛胸
穴性解説
  • 清熱(せいねつ):体内の熱を冷ますこと

BL15 心兪(しんゆ)

心兪は足の太陽膀胱経に属する15番目の経穴。心の背部兪穴であり、心経の主治穴。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:心の背部兪穴

心兪の効能

心臓疾患や精神的な症状に効果的。ストレスが原因のイライラや動悸、胃の不調を緩和する。

  • 穴性:疏通心絡、調理気血、寧心安神

心兪の場所

肩甲骨のやや下側くらいの高さで、背骨の中心から1.5寸(指2本分)外側(背骨と肩甲骨の中間あたり)。左右2点ある。

心兪 ツボ 経絡 経穴

背中の兪穴はテニスボール等の上に寝っ転がるとまんべんなく刺激できる。

BL16 督兪(とくゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:寛胸、利気、降逆
穴性解説
  • 利気(りき):気の流れを良くすること
  • 降逆(こうぎゃく):上がった気を下げること

BL17 膈兪(かくゆ)

膈兪は足の太陽膀胱経に属する17番目の経穴。膈兪の「膈」は横隔膜を指す。膈兪とは横隔膜を境とする上焦と中焦の病気に効果がある経穴という意味。

膈兪、肝兪、脾兪の左右6穴は「六華の灸」と称される胃腸の特効ツボ。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:八会穴の血会

膈兪の効能

膈兪は呼吸器系のトラブル、胃や食道の疾患、特に胸やけ、吐き気、胃痛に効果がある。つわりにも効くと言われる。また、横隔膜と関連があるためしゃっくりを止めるツボでもある。

  • 穴性:和血理血、和胃寛胸

膈兪の場所

左右の肩甲骨の下角の位置を結んだ高さで、背骨の中心から1.5寸(指2本分)外側。左右2点ある。

膈兪 ツボ 経絡 経穴

自分で押すのは難しいので誰かにお願いするといいかも。

BL18 肝兪(かんゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:肝の背部兪穴
  • 穴性:疏肝利胆、清頭明目
穴性解説
  • 利胆(りたん):胆のうの機能を改善し、胆汁の分泌を促進すること

BL19 胆兪(たんゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:胆の背部兪穴
  • 穴性:清肝利胆、利気清熱
穴性解説
  • 利胆(りたん):胆のうの機能を改善し、胆汁の分泌を促進すること

BL20 脾兪(ひゆ)

脾兪は足の太陽膀胱経に属する20番目の経穴。脾兪とは、脾の兪穴のこと。背中のツボのことを兪穴という。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:脾の廃部兪穴

脾兪の効能

脾兪は消化を促進する作用があるため、下痢や便秘などおなかの不調や消化不良に効果がある。体のだるさやめまい、肩こりにも効く。

  • 穴性:健脾化湿
穴性解説
  • 健脾(けんぴ):脾の機能(運化、昇清、統血)を改善する

脾兪の場所

第11胸椎棘突起下(肩甲骨の下を結ぶライン上にある背骨から骨を4つ下がる部分)の外側1寸5分(背骨の中心から指2本分外側)。胸郭の下の方にあるので、肋骨下部に手を当てて親指を上に伸ばして押さえてみるといいかも。左右2点ある。

脾兪 ツボ 経絡 経穴

背中の兪穴はテニスボール等の上に寝っ転がるとまんべんなく刺激できる。

BL21 胃兪(いゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:胃の背部兪穴
  • 穴性:健脾胃、消積滞、和胃降逆
穴性解説
  • 健脾(けんぴ):脾の機能を改善すること
  • 消積滞(しょうせきたい):飲食物が停滞している状態を改善すること

BL22 三焦兪(さんしょうゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:三焦の背部兪穴
  • 穴性:調三焦、利水道
穴性解説
  • 水道(すいどう):体内を巡る水の経路のこと

BL23 腎兪(じんゆ)

腎兪は足の太陽膀胱経に属する23番目の経穴。腎兪(じんゆ)とは、腎の背部兪穴の意味。腎経の主治穴。

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴: 腎の背部兪穴

腎兪の効能

腎兪は腰痛の特効薬。ツボを押すだけでなく腎兪にカイロ等をあてて温めるのも良い。腰のトラブルのほかにも、むくみや倦怠感、冷え、生理不順、不妊症など腎機能や生殖器の疾患にも効果がある。

  • 穴性:補益腎気、利腰脊

腎兪の場所

ウエストの一番細い部分にある背骨(第二腰椎と第三腰椎の間)の中心部から外側左右に1.5寸(指幅2本分)離れたところ。左右2点ある。

腎兪 ツボ 経絡 経穴

腰に両手を当て、親指の腹でツボを押さえる。左右同時に3~5回押す。

BL24 気海兪(きかいゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:調気血、健腰脊

BL25 大腸兪(だいちょうゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:大腸の背部兪穴
  • 穴性:調腸腑、利腰腿

BL26 関元兪(かんげんゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:壮腰培元、通利小便
穴性解説
  • 壮腰(そうよう):腰を強くすること
  • 培元(ばいげん):元気を養うこと。益元、壮元、補元ともいう

BL27 小腸兪(しょうちょうゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:小腸の背部兪穴
  • 穴性:調腸腑、清熱利湿
穴性解説
  • 清熱(せいねつ):体内の熱を冷ますこと

BL28 膀胱兪(ぼうこうゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱の背部兪穴
  • 穴性:強腰脊、調膀胱
穴性解説
  • 強腰脊(きょうようせき):腰椎や脊椎の周辺が強張ること

BL29 中膂兪(ちゅうりょゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:健腰、止瀉
穴性解説
  • 止瀉(ししゃ):下痢をとめること

BL30 白環兪(はっかんゆ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:玉環兪(ぎょくかんゆ)、玉房兪(ぎょくほうゆ)
  • 穴性:健腰腿、利湿熱

BL31 上髎(じょうりょう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:強腰膝、補下焦、通経絡
穴性解説
  • 強腰膝(きょうようしつ):腰や膝の周辺が強張ること
  • 補下焦(ほげしょう):下焦(腎、膀胱、大腸、小腸)の機能を促進すること

BL32 次髎(じりょう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:強腰膝、補下焦、通経絡
穴性解説
  • 強腰膝(きょうようしつ):腰や膝の周辺が強張ること
  • 補下焦(ほげしょう):下焦(腎、膀胱、大腸、小腸)の機能を促進すること

BL33 中髎(ちゅうりょう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:強腰膝、補下焦、通経絡
穴性解説
  • 強腰膝(きょうようしつ):腰や膝の周辺が強張ること
  • 補下焦(ほげしょう):下焦(腎、膀胱、大腸、小腸)の機能を促進すること

BL34 下髎(げりょう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:強腰膝、補下焦、通経絡
穴性解説
  • 強腰膝(きょうようしつ):腰や膝の周辺が強張ること
  • 補下焦(ほげしょう):下焦(腎、膀胱、大腸、小腸)の機能を促進すること

BL35 会陽(えよう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:利機(りき)
  • 穴性:調理下焦
穴性解説
  • 下焦(げしょう):下腹部の腎、膀胱、大腸、小腸を指す

BL36 承扶(しょうふ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:肉郄(にくげき)、陰関(いんかん)、皮部(ひぶ)、扶承(ふしょう)
  • 穴性:利腰腿、消痔、止瀉
穴性解説
  • 消痔(しょうじ):痔を治すこと

BL37 殷門(いんもん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:利腰腿

BL38 浮郄(ふげき)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:舒筋、清熱
穴性解説
  • 舒筋(じょきん):筋肉の動きを伸びやかにすること

BL39 委陽(いよう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:三焦の下合穴
  • 穴性:舒筋、利三焦、通水道
穴性解説
  • 舒筋(じょきん):筋肉の動きを伸びやかにすること
  • 水道(すいどう):体内を巡る水の経路のこと

BL40 委中(いちゅう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱経の合土穴、四総穴、膀胱の下合穴
  • 穴性:涼血泄熱、舒筋通絡、去風湿、利腰膝
穴性解説
  • 涼血(りょうけつ):熱邪を除去し、鼻血や下血を改善すること
  • 泄熱(せつねつ):熱を外に出すこと
  • 舒筋(じょきん):筋肉の動きを伸びやかにすること

BL41 附分(ふぶん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:疏風散寒、舒筋活絡
穴性解説
  • 疏風(そふう):風の邪気を分散させること
  • 舒筋(じょきん):筋肉の動きを伸びやかにすること
  • 活絡(かつらく):経絡の流れを良くすること

BL42 魄戸(はくこ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:散風理肺、平喘止咳
穴性解説
  • 散風(さんふう):風の邪気を体外へ追い出すこと

BL43 膏肓(こうこう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:膏肓兪(こうこうゆ)
  • 穴性:通宣利肺、益気養陰、補虚損
穴性解説
  • 益気(えっき):気を補うこと。気虚を改善する。補気ともいう
  • 養陰(よういん):冷やして潤す力を補うこと
  • 補虚損(ほきょそん):ストレスや過労による気の不足や損傷を補うこと

BL44 神堂(しんどう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:寛胸、寧心
穴性解説
  • 寧心(ねいしん):精神状態を安定させること

BL45 譩譆(いき)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:散風行気、活血通絡
穴性解説
  • 行気(こうき):気の流れを良くすること。気滞の症状を改善する

BL46 膈関(かくかん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:利気、降逆
穴性解説
  • 利気(りき):気の流れを良くすること

BL47 魂門(こんもん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:和中健胃、疏肝利脇
穴性解説
  • 和中(わちゅう):胃の不和を改善すること。和胃ともいう
  • 利脇(りきょう):脇の状態を良くすること

BL48 陽綱(ようこう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:清利肝胆、湿熱

BL49 意舎(いしゃ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:健脾温陽、清利湿熱
穴性解説
  • 温陽(おんよう):体を温める力を補うこと

BL50 胃倉(いそう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:理気和胃

BL51 肓門(こうもん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:行気、活血、通便
穴性解説
  • 行気(こうき):気の流れを良くすること。気滞の症状を改善する

BL52 志室(ししつ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:補賢健腰

BL53 胞肓(ほうこう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:通利二便、胸腰脊
穴性解説
  • 二便(にべん):小便と大便のこと

BL54 秩辺(ちっぺん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:疏通経絡、強健腰膝

BL55 合陽(ごうよう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 穴性:利腰腿、調下焦、止漏泄
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること
  • 止漏泄(しろうせつ):異常な発汗過多を止めること

BL56 承筋(しょうきん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:腨腸(せんちょう)、直腸(ちょくちょう)、踹腸(せんちょう)

「腨」はふくらはぎ、「踹」はかかと。

  • 穴性:舒筋骨、利腰腿
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること

BL57 承山(しょうざん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:魚腹(ぎょふく)、肉柱(にくちゅう)、傷山(しょうさん)
  • 穴性:舒筋骨、利腰腿、理腸療痔
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること
  • 療痔(りょうじ):痔を治療すること

BL58 飛揚(ひよう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:厥陽(けつよう)
  • 要穴:膀胱経の絡穴
  • 穴性:疏筋通絡

BL59 跗陽(ふよう)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:陽蹻経の郄穴
  • 穴性:利腰腿、清頭目
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること
  • 清頭目(せいとうもく):精神や視力をはっきりさせること

BL60 崑崙(こんろん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱経の経火穴
  • 穴性:利腰腿、舒筋、降気逆、清頭目
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること
  • 清頭目(せいとうもく):精神や視力をはっきりさせること

BL61 僕参(ぼくしん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:安邪(あんじゃ)
  • 穴性:利腰腿、舒筋
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること

BL62 申脈(しんみゃく)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:鬼路(きろ)
  • 要穴:八脈交会穴
  • 穴性:利腰腿、清頭目
穴性解説
  • 利腰腿(りようたい):腰や大腿部の状態を良くすること
  • 清頭目(せいとうもく):精神や視力をはっきりさせること

BL63 金門(きんもん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 別名:関梁(かんりょう)
  • 要穴:膀胱経の郄穴
  • 穴性:舒筋、清神開竅
穴性解説
  • 清神(せいしん):意識をすっきりさせること
  • 開竅(かいきょう):九竅(目、耳、鼻、口、尿道、肛門)の通りを良くすること

BL64 京骨(けいこつ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱の原穴
  • 穴性:去風熱、清頭目、理腰膝
穴性解説
  • 清頭目(せいとうもく):精神や視力をはっきりさせること

BL65 束骨(そっこつ)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱経の兪木穴
  • 穴性:去風熱、利項背
穴性解説
  • 利項背(りこうはい):顎から背にかけて効果があるということ

BL66 足通谷(あしのつうこく)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱経の栄水穴
  • 穴性:去風熱、利項背
穴性解説
  • 利項背(りこうはい):顎から背にかけて効果があるということ

BL67 至陰(しいん)

  • 経絡:足の太陽膀胱経
  • 要穴:膀胱経の井金穴
  • 穴性:去風熱、順胎産
穴性解説
  • 利項背(りこうはい):顎から背にかけて効果があるということ
この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです!
お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました