当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
経絡・経穴経穴経絡ツボ東洋医学中医学

東洋医学のツボと経絡を整理してみる

経絡・経穴
この記事は約3分で読めます。

東洋医学(中医学)におけるツボと経絡について、概要をまとめてみました。

ツボとは

ツボは現代中医学の専門用語では腧穴(しゅけつ)という。腧穴には3種類あって、経穴(けいけつ)、奇穴(きけつ)、阿是穴(あぜけつ)に分類される。

ツボ=経穴だと思ってたら違った!

経穴(けいけつ)

経穴とは、経脈上にあるツボ。12正経脈と2奇経脈(督脈、任脈)を合わせた計14経脈上にあり、全て合わせると361穴ある。これらの361穴は世界保健機関(WHO)によって正穴として表記法が定められている。

ほとんどの経穴は左右対称に2つずつあるので実際の総数は670穴もある!

奇穴(きけつ)

奇穴とは、十四経にも属さず単独で効果のあるツボ。経外奇穴、特効穴とも呼ばれる。その数は経穴よりも多いと言われているが、現在WHOによって定められているのは48種類。

阿是穴(あぜけつ)

阿是穴とは、経穴にも奇穴にも属さないツボ。触ったり押したときに敏感になっている部分。畦穴、天応穴、不定穴とも呼ばれる。現代において阿是穴の概念に近いものは、トリガーポイント、知覚過敏点などがある。
または中国語で「阿是穴」は「あぁ、このツボ!」の意味で、単に押して気持ちいいツボのこともいう。

経絡とは

経絡(けいらく)とは、気と血の通り道のこと。
気と血は経絡を通って全身に栄養とエネルギーを与え、臓腑や筋肉等の機能を調節する。また、各臓腑の気も経絡を通って循環をしているため、臓腑に不調がある時は経絡上にその反応(痛みやしこりなど)があらわれる。

経脈と絡脈

経絡を分類すると、経脈と絡脈に分けられる。

  • 経脈は全身を縦に流れる脈で、主要な幹線道路のような役割。鍼灸治療やツボ押しなどで重視するのはこの経脈。

地理で習う経度と緯度も、経度が縦線!

  • 絡脈は、経脈をつなぐ支線のようなもので、網状に全身をまとっている。

十二経脈と奇経八脈

経脈はさらに、十二経脈と奇経八脈に分類される。

  • 十二経脈は陰と陽のグループに分けられ、が六臓六腑に割り当てられる。12本それぞれが相互に接続して1本の切れ目のない環となり全身をつなぎ、気血を巡らせている。

この気血の巡りを担うのが営気

  • 奇経八脈とは、督脈、任脈、衝脈、帯脈、陽蹻脈(ようきょうみゃく)、陰蹻脈(いんきょうみゃく)、陽維脈、陰維脈の八脈のこと。中でも陽経を統括する督脈と陰経を統括する任脈は重要とされ、十二経脈と合わせて十四経脈と呼ばれる。奇経八脈は十二経脈の間を縦横に走り、交差して経絡間の連携を密接にする。また、経脈を流れる気血を調整する役割がある。

まとめ

身体中にいろんなツボがあるけど、中医学的に重要なのはその中でも経穴。その経穴は全身を巡る十二経脈上にあり、刺激することでさまざまな不調改善に効果がある。

たぶん一番簡単なのはストレッチ。ツボ押しだけでなく、ストレッチすることでも経絡を刺激できるのでおすすめ。気持ち良く身体が伸びてる感覚があればOK!

この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました