当サイト「東洋文化備忘録」について
スポンサーリンク
太極拳中医学太極拳

站椿功で意識するポイント

太極拳
この記事は約3分で読めます。

站椿功(たんとうこう)で意識するポイントのまとめです。

站椿功(たんとうこう)とは

站椿功とは、太極拳など中国武術の訓練のひとつ。一つのポーズをとったまま一定時間立つというもの。

站椿功の目的・効果

屈筋を使わず伸筋(支える筋肉)を鍛えることができる「静のトレーニング」になる

太極拳で身につけるべき要素の60%が站椿功であると言われている。太極拳の動きを真似するだけでは体得はできない。まずは基本の正しい姿勢を身につけることが重要。
站椿功だけで3年の修行が必要だと言われるほど。

站椿功(たんとうこう)の姿勢の作り方

背筋を伸ばして立つ。両足を肩幅に広げ、膝をやや曲げる。体の正面で大きなボールを抱えるイメージで、胸のあたりの高さで両腕をやわらかく曲げる。

撮影協力:ウッディ

意識するポイント

基本の立ち姿勢

  • 頭は上からつるされてる感じでピンと伸ばす(百会を意識)
  • 首から下の全身は関節を緩めて力を抜く
  • 首、肩、ひじ、腕、胸から丹田へと下に向かって気を沈める
  • 胸の中心はすっと下に降ろす。お尻を巻き込む(骨盤はやや後傾)。丹田が前に出ないようにぐっと引っ込める。高めのイスに腰かけるイメージ
  • 背筋がS字ではなく、まっすぐ伸びるように
  • 腰(命門)が外へ膨らむことで背筋がまっすぐ伸びるイメージ
  • 股関節は開く
  • 丹田から下は股関節にそって足の下へ広がっていくイメージ
  • 股関節、膝は楽に。体重が全て足の裏に落ちるように。足の裏全体で体重を感じる。太ももや膝で体重を支えないように、できるかぎり力を抜く。
  • ゆっくり呼吸をする。息を吐くたびに気が落ちて体重が足の裏にのっかるイメージ
  • 足の裏から根が生えて下に伸びていくような感覚

しばらく続けてると足の裏がずっしり重くなってくる感じがする。両足でしっかり立ってるような。体重をしっかり足の裏まで落とすことができれば、太ももはそんなに辛くない(らしい)。

深呼吸をする

  • 両手を身体の前、丹田の高さで組んで、息を吸いながら足の裏からじわじわエネルギーが上がってくる感じ
  • 肩から下の胸や股関節の形は変えず、胴体の姿勢を維持したままじわじわ膝を伸ばす
  • 丹田を引き上げるイメージで腕をあげる。肩はあげない。ひじも伸ばし切らない
  • 息を吸いきったら手を放して、円を描くようにゆっくり下に下げながら息を吐く。体重を足の裏に落とすように。
  • 膝を緩めて元のポジションに戻る

站椿功の姿勢

  • 両腕を胸の前で丸く広げる。構えるときは肩で腕を動かさないように。
  • 内側に大きなボールを持ってるイメージ
  • 肩を下げて脇を少し広げる。ひじは横に張らず下に下げる
  • 指は少し広げる。親指と人差し指の間は大きめに広げる
  • 息を吐く際に首から下、足の裏まで体重を落とすのと同時に、肩からひじ、指の先まで意識する
  • 息を吐くたびに体の内側から外に向かってボールが膨らむイメージで。抱えた腕は外へ広がるように、首の裏と腰(命門)は後ろに膨らむように、頭のてっぺん(百会)は上に伸びるように、体重は足の裏へ落ちるように。体の中心部から360度外側へ膨らむイメージ。

しばらくやってると、瞑想してるような感覚で気持ちいい。気分がすっきりするような気がする!

この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました