スポンサーリンク
経絡・経穴 気虚 経穴 血虚 陽虚 熱痰・湿熱 陰虚 瘀血 気滞 水滞 経絡 東洋医学 中医学

【手の少陰心経】経穴の効能と場所一覧

経絡・経穴
この記事は約3分で読めます。

手の少陰心経の経穴一覧です。ひとまず8つの証に効果のある経穴について、効能と場所をまとめてみました。

現在公開している項目は以下の通りです(2020/1/29時点)

※内容は順次追記していきます。

手の少陰心経とは

少陰の手陰経で、心とのつながりが深い。9つの経穴を持ち、胸痛、息切れなど循環器系の症状を緩和させる。また、心身をリラックスさせ不眠にも効果的。

手の少陰心経、英語名はHeart Meridianといい、略してHTと表記する。

HT1 極泉(きょくせん)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 穴性:活血疏筋

HT2 青霊(せいれい)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 穴性:散風止痛

HT3 少海(しょうかい)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 別名:曲節(きょくせつ)
  • 要穴:心経の合水穴
  • 穴性:通心竅、安神志
穴性解説
  • 志(し):五神のひとつで、目標を定め具体的な行動を考えること

HT4 霊道(れいどう)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 要穴:心経の経金穴
  • 穴性:寧心安神
穴性解説
  • 寧心(ねいしん):心を落ち着かせること
  • 安神(あんしん):精神不安や動悸などの症状を安定させること

HT5 通里(つうり)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 要穴:心経の絡穴
  • 穴性:寧心安神
穴性解説
  • 寧心(ねいしん):心を落ち着かせること
  • 安神(あんしん):精神不安や動悸などの症状を安定させること

HT6 陰郄(いんげき)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 別名:手少陰郄(てしょういんげき)
  • 要穴:心経の郄穴
  • 穴性:寧心安神、滋養陰血
穴性解説
  • 寧心(ねいしん):心を落ち着かせること
  • 安神(あんしん):精神不安や動悸などの症状を安定させること
  • 陰血(いんけつ):血液のこと(血は陰に属する)

HT7 神門(しんもん)

神門は足の少陰心経に属する7番目の経穴で、少陰心経の原穴。神気の出入りする経穴、という意味。

  • 経絡:手の少陰心経
  • 別名:兌衝(だしょう)・中都(ちゅうと)
  • 要穴:心の原穴、心経の兪土穴

神門の効能

神門は精神的なストレスを緩和してくれるツボ。イライラや、気分の落ち込み、緊張、同期などに効果的。便秘や不眠にも効く。

  • 穴性:寧心安神、養陰固表
穴性解説
  • 寧心(ねいしん):精神を安定させること
  • 安神(あんしん):精神不安、動悸、睡眠障害などの症状を安定させること
  • 養陰(よういん):陰液あるいは陰精を滋養すること

神門の場所

手のひら側、手首の横じわの小指側の少しくぼんだ場所。

神門 ツボ 経絡 経穴

HT8 少府(しょうふ)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 要穴:心経の栄火穴
  • 穴性:清心除煩
穴性解説
  • 除煩(じょはん):精神的イライラを緩和すること

HT9 少衝(しょうしょう)

  • 経絡:手の少陰心経
  • 別名:経始(けいし)
  • 要穴:心経の井木穴
  • 穴性:開竅醒神、解熱蘇厥
穴性解説
  • 醒神(せいしん):意識をはっきりさせること
この記事を書いた人
ちゃんこ

金持ち華人の家に嫁いでニート主婦になった純日本人です。絵日記ブログ「中国でブルジョワ華人の妻してます」でライブドア公式ブロガーになりました。

中国茶が好きです! お茶垢⇒ゆえじ

日本中国茶普及協会認定インストラクター。中級茶藝師。和漢薬膳食医3級。東洋食薬ライセンス1級。

フォローもお待ちしております!
タイトルとURLをコピーしました